現在の時刻
ピックアップカテゴリ
お休み中のまとめ記事

ゲーム レビュー

フィギュア レビュー

ゲーム概要
月別アーカイブ
ゲームランキング(PSVita)

キーボード「FILCO Majestouch 2 赤軸・フルサイズ・US ASCII」購入レビュー

キーボード「FILCO Majestouch 2 赤軸・フルサイズ・US ASCII」購入レビュー
キーボード「FILCO Majestouch 2 赤軸・フルサイズ・US ASCII」購入しました。
そのちょっとした感想です。


今までは、iBUFFALOの薄型ワイヤレスキーボードを使用していたのですが、この度キーボードを新調しました。
ちなみに、それについてのレビューは過去記事を参照してください。

薄型キーボード
iBUFFALO 薄型ワイヤレスキーボード 購入レビュー


今回選んだのは「FILCO Majestouch 2 赤軸・フルサイズ・US ASCII」という製品。
特徴は、赤軸採用と英語配列です。

個人的に有線は好みではなく、「Majestouch 2 Convertible 赤軸・フルサイズ・かななし」という無線にも対応した商品があったので悩みましたが、配列の関係で断念しました。
それにしてもこのキーボード・・・キーボードのクセに・・・1万超えだと?
もう購入した自分にも驚き。
とは言え、キーボードはとても大事なもので、職業柄扱う方やゲーマーの方はこのくらいの出費は当たり前のようです。自分もコレと一生付き合うつもりで購入しました。

特徴で赤軸を挙げたんですが、正直軸の存在なんて今まで知りませんでした。何やら青・緑・黒などあるようですが、説明文的に一番普通そうな赤を選択。
加えてキー配列ですが、学校で使用しているキーボード配列の関係と、またプログラマ向きということで、何だかカッコよさげだったので今回は英語配列にしてみました。
ノートパソコンなど大体が日本語配列なのでやはり悩みはしましたが。


こちらが今回のキー配列。画像クリックで別窓で開きます。

P1040790.jpg
というわけで、待ちに待った商品が到着。

P1040792.jpg
開封直後の様子。
キーボードの上に簡易なプラスチックのカバーがついてました。

P1040794.jpg
セット内容は、キーボード本体に加えて、USB⇒PS/2変換アダプタ、説明書という構成。

P1040797.jpg
何気に嬉しいのが、マジックテープ式のコードをまとめるやつが入っていること。

P1040798.jpg
キーボードについて詳しく見てみます。
まず、キーの幅は19mmほどありますが、実際に入力する際に触れるキートップ12mmほどになっています。

P1040801.jpg
背面の四隅には滑らないようにゴムがついています。
結構しかっりしています。

P104080.jpg
キーボードを立てるためのスタンドも当然付属。
こちらにもゴムがついていて滑りません。

P10408.jpg
先ほどのスタンドを使用してみた感じ。
行き過ぎた感覚もなく、良いと思います。

P1040810.jpg
キー部分はこんな感じです。

P1040811.jpg
英語配列なので「Backspaceキー」や「Enterキー」周辺に特徴があります。

P1040814.jpg
スペースキーも長く、まさにスペースバーという感じ。

P1040812.jpg
大体どこのメーカーもキー配列は同じ感じなんですが、結構異なることが多いのがスペースキーの両サイド。
今回のものは左側の配列がスペースキーから「Altキー」⇒「Windowsキー」⇒「Ctrlキー」となっています。

P1040813.jpg
右側は、同じくスペースキーから見て「Altキー」⇒「Windowsキー」⇒「アプリケーションキー」⇒「Ctrlキー」になっています。

P1040807.jpg

P1040808.jpg
以上で、今年度のPC強化は一通り終了(たぶん)。
本当はCPUが4790K(記事執筆時には未発表)だったらいいなとか、CPUクーラー変えたいなとか、いろいろありあますが、贅沢も程々にしろよということで。

それと、今回英語配列のキーボードを購入しましたが、導入するにあたってWin8.1でのドライバ設定が上手くいかず、何度やっても「標準キーボード」ドライバがインストール出来ませんでした。そこで、接続をUSBではなくPS/2にしたところ上手くいったことをメモしておきます。

加えて、やはり「Ctrlキー」の位置が右下や左下だと辛いので「CapsLockキー」と交換しておきました。方法については、以下のサイト様を参考とさせて頂きました。
Windows 8.1でCtrlとCapsLockを入れ替える(日誌)

最後に、使用してみた感想。
箱から出してみて驚いたのが、その重さ。自分が今まで軽いものを使用していたこともありますが、それでもやっぱり重いと思います。それが悪いというわけではなく、キーボードは動かさないものなので逆に安定感がアップするので、むしろベネ(良し)。
タイピングに関しては、今回購入したのは赤軸ですが、とても軽いタッチで認識してくれます。キーを最後まで押し込まなくても、本当になぞるレベルで入力可能。軽すぎて、逆に慣れないと余分な文字まで入力してしまう可能性もありますが。
あと、タイプ音は思ったより「カタカタ」と鳴るのが気になりました。今までゴム入りのパンタグラフだったから余計に気になるのかもしれませんが。
全体的に見て、まだ使い始めたばかりで、「もう安物キーボードには戻れない!」というレベルには正直感じてませんが、ストレスは感じず、購入して良かったと思います。
以上、購入レビューでした。\_ヘ(・ω・,,`)♭


FILCO Majestouch2 108赤軸 108キー日本語配列 USB&PS2両対応 Nキーロールオーバー対応 独CherryMX赤軸スイッチ メカニカルキーボード ブラック FKBN108MRL/JB2


FILCO Majestouch 104赤軸 USアスキー配列104キー USB&PS2両対応 Nキーロールオーバー対応 独CherryMX赤軸スイッチ メカニカルキーボード ブラック FKBN104MRL/EB2
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ページ

Designed by 石津 花

プロフィール

ふらっト

Author:ふらっト
自由気ままに書いてきます。
誤字脱字、一部不適切な内容を含む可能性があります。
どちらかというとSONY派です。
一応大学生。\_ヘ(・ω・,,`)♭

ゲーム公式サイト
『FINAL FANTASY XV』公式サイト (PS4/Xbox One)

『KINGDOM HEARTS III』公式サイト (PS4/Xbox One)

『NieR:Automata』公式サイト (PS4)

『GRAVITY DAZE 2』公式サイト (PS4)

『逆転裁判6』公式サイト (3DS)
ゲームランキング(全般)
ゲームランキング(PS4)
QRコード
QR