現在の時刻
ピックアップカテゴリ
お休み中のまとめ記事

ゲーム レビュー

フィギュア レビュー

ゲーム概要
月別アーカイブ
ゲームランキング(PSVita)

Microsoftが「Windows 8.1 Update」を4月8日に提供開始

Microsoftが「Windows 8.1 Update」を4月8日に提供開始
Microsoftが米国サンフランシスコで開催した開発者向けイベント「Build 2014」で、Windows 8.1の大型アップデート「Windows 8.1 Update」を2014年4月8日に提供開始すると発表したようです。


北米時間2014年4月2日,Microsoftは,米国サンフランシスコで開催した開発者向けイベント「Build 2014」の基調講演で,Windows 8.1の大型アップデート「Windows 8.1 Update」を,4月8日から無償で提供すると発表した。キーボード+マウスでの操作を改善するために,ユーザーインタフェース面での改良が導入される点が特徴だ。


■Windows 8.1 Updateを4月8日から提供

▲Windows 8.1 Updateのスタート画面

とくにスタート画面には,複数の改良が導入される。まず右上に「スリープ」や「シャットダウン」といった電源関連メニューを表示するボタンが追加され,電源オフの操作が簡単になった。また,スタート画面上の「タイル」を直接右クリックして,タイルの削除やサイズ変更といった操作が可能になる。


▲タイルを右クリックすると,タイルの削除やサイズ変更ができるコンテキストメニューが表示される

また,デスクトップ画面のタスクバーに,Windowsストアアプリをピン留めできるようにもなる。今まではスタート画面を一度表示してから,Windowsストアアプリのタイル(またはアイコン)を選択する必要があったので,ユーザーの手間が少し減るわけだ。


■将来のWindowsではスタートメニューが復活
さらに講演では,将来提供されるWindowsのプレビューも公開された。この将来バージョンでは,デスクトップ画面にスタートメニューが復活し,Windowsストアアプリがデスクトップ上でも動作するようになるなど,ユーザーインタフェース面での改良が多数導入される予定だ。


▲将来提供されるWindowsのプレビュー画面

将来のWindowsで導入されるスタートメニューは,Windows 7までのスタートメニューをそのまま復活させるのではなく,スタート画面風のタイル表示を組み合わせた「新型スタートメニュー」というべきものとなっている点が目を引く。


▲将来のWindowsで導入される新型スタートメニュー

新型スタートメニューの左半分には,従来のスタートメニュー同様にアプリケーションのアイコンが並んでいる。ここには従来型のWindowsアプリケーション(デスクトップアプリ)だけでなく,Windowsストアアプリのアイコンや設定へのショートカットも並んでいる。
右半分にはスタート画面と同じように,Windowsストアアプリのタイルが並ぶ。タイルのサイズは「ワイド」「中」「小」の3段階から選べるようで,タイルの上にメールの受信数や新着ニュースを更新表示する「ライブタイル」機能も利用できる。さらに,タイルを横方向に追加していくことも可能だ。
http://www.4gamer.net/games/126/G012689/20140403016/

自分はまだ「8」を導入出来てないんで、何とも言えないんですがスタートメニューが便利で使いやすいのは分かります。
将来的な新型スタートメニューにも注目ですね。\_ヘ(・ω・,,`)♭
記事元:「4Gamer.net」さん


好評発売中!

Microsoft Windows 8.1


Microsoft Windows 8 (XP・Vista・7からのアップグレード用)
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ページ

Designed by 石津 花

プロフィール

ふらっト

Author:ふらっト
自由気ままに書いてきます。
誤字脱字、一部不適切な内容を含む可能性があります。
どちらかというとSONY派です。
一応大学生。\_ヘ(・ω・,,`)♭

ゲーム公式サイト
『FINAL FANTASY XV』公式サイト (PS4/Xbox One)

『KINGDOM HEARTS III』公式サイト (PS4/Xbox One)

『NieR:Automata』公式サイト (PS4)

『GRAVITY DAZE 2』公式サイト (PS4)

『逆転裁判6』公式サイト (3DS)
ゲームランキング(全般)
ゲームランキング(PS4)
QRコード
QR