現在の時刻
ピックアップカテゴリ
お休み中のまとめ記事

ゲーム レビュー

フィギュア レビュー

ゲーム概要
月別アーカイブ
ゲームランキング(PSVita)

【Kaby Lake-S】「4Gamer.net」よりCPU『Core i7-7700K』の動作レビューが到着!

【Kaby Lake-S】「4Gamer.net」よりCPU『Core i7-7700K』の動作レビューが到着!
Intel製CPU・開発コードネーム「Kaby Lake-S」ですが、「4Gamer.net」さんよりCPU『Core i7-7700K』の動作レビューが公開されてました。


017年1月4日2:00(北米太平洋時間3日9:00),Intelは,第7世代Coreプロセッサの4コアモデルなど30製品以上を一挙に発表した。


開発コードネーム「Kaby Lake」(ケイビーレイク)として知られてきた第7世代Coreプロセッサは,Skylake世代の14nmプロセス技術を改良した「14nm+」プロセス技術を用いて製造され,より高い動作クロックと,より低い消費電力に注力した,事実上のSkylakeマイナーチェンジモデルということになるわけだが,果たしてゲーマーはこの新世代プロセッサをどう受け止めればいいのだろうか。




4Gamerでは,デスクトップPC向け製品である「S-Series」(以下,Kaby Lake-S)の,発表時点における最上位モデル「Core i7-7700K」(以下,i7-7700K)の性能評価用エンジニアリングサンプルを独自に入手できたので,さっそく,ゲーム用途におけるKaby Lake-Sの可能性を探ってみたいと思う。


■Skylake-Sとの物理的,電気的互換性を持つKaby Lake-S
基本的なことを押さえておくと,Kaby Lake-Sは,Skylake-Sと同じLGA1151パッケージを採用するCPUだ。もちろん形状だけなく、Skylake-Sとの間では電気的互換性も保たれているため,Intel 100シリーズチップセット搭載マザーボードでも利用できる。
ただし,BIOS(UEFI)のアップデートは必須で,たとえば4Gamerのハードウェアレビューでここ最近使ってきているASUSTeK Computer(以下,ASUS)製「Intel Z170」チップセット搭載マザーボード「Z170 PRO GAMING」の場合,バージョン3016以降でKaby Lake-Sをサポートする,といった具合だ。


■i7-6700Kよりは確実に速いi7-7700K
オーバークロック動作に成功したので,今回は空冷で4.8GHz動作したほうを「i7-7700K@4.8GHz」,簡易液冷で5GHzに到達したほうを「i7-7700K@5.0GHz」とそれぞれ書き分けることにして,両条件を含むベンチマーク結果を見ていこう。


グラフ1は3DMarkの「Fire Strike」における総合スコアをまとめたものだ。Fire Strikeでi7-7700Kはi7-6700Kに対して約5%高いスコアを示すものの,描画負荷が高まるFire Strike Extremeだと,そのギャップは約2%にまで縮まっている。
i7-7700K@5.0GHzはi7-7700Kに対して,わずかに約1%高いだけで,オーバークロックの効果はほとんど認められない。


■ゲーム用途だと,消費電力の大きな低減は確認できず。OCは温度対策がカギ
基礎検証ではi7-6700Kに対してi7-7700Kで消費電力が大幅に低下していたが,CPUの利用率が相対的に低くなるゲーム用途ではどうだろうか。いつものように,ログの取得が可能な「Watts up? PRO」を用い,システム全体の消費電力を測定し,そこからCPUの消費電力を推し測ることにしよう。


結果はグラフ11だ。
まず,アイドル時ではi7-7700Kとi7-6700Kともに動作クロックが800MHzまで下がるだけあって,違いは見られない。CPUコア電圧を引き上げたi7-7700K@5GHzとi7-7700K@4.8GHzは若干上がっているが,想定の範囲内だろう。
続いて各アプリケーション実行時を見ていくと,i7-7700Kの消費電力は確かにi7-6700Kより低いものの,その違いは1~5Wと,わずかだ。


ゲーム用途ではあまりインパクトのないi7-7700K。5GHz常用を狙うためのCPUかも!?
i7-7700Kは,i7-6700Kと比べて,動作クロック分か,それ+α分の性能向上を期待できるCPUだ。ただし,3Dゲーム用途という前提で話をするなら,描画負荷が高まり,ゲームにおける体感を左右する要素としてGPUが支配的になったとたん,そのメリットはほぼ失われてしまう(消費電力も同様)。

その一方で,温度対策さえしっかり行えば,最近のマザーボードメーカーがアピールしている「カジュアルなオーバークロック」でも簡単に動作クロック5GHzを狙えるというのは,かなり魅力的だ。
Skylake-Sベースのシステムを所持している人が買い換えるまでの価値があるとは思えないが,Haswell――Haswell Refreshではなく,さらにその前――かそれより前の世代のゲームPCから乗り換えるとき,CPUとしてi7-7700Kを選んだうえ,5GHz動作を狙って“遊んでみる”のは,悪くないようにも思える。
http://www.4gamer.net/games/344/G034458/20170103001/

なるほど、確実に速くはなっているが、“ゲームでは”能力向上の恩恵をうけないということみたいですね。自分のデスクトップは第4世代Coreシリーズですが、まだまだ現役で不満もなく、新しいパソコンを導入するのはもうちょっと先になりそうです。
とはいえ、定格4GHz越えは魅力的なので、値段が安そうなら考えるかも・・・。
記事元の「4Gamer.net」さんでは、より詳しい情報が書かれているので、是非チェックしてみてはどうでしょうか。\_ヘ(・ω・,,`)♭
記事元:「4Gamer.net」さん
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ページ

Designed by 石津 花

プロフィール

ふらっト

Author:ふらっト
自由気ままに書いてきます。
誤字脱字、一部不適切な内容を含む可能性があります。
どちらかというとSONY派です。
一応大学生。\_ヘ(・ω・,,`)♭

ゲーム公式サイト
『FINAL FANTASY XV』公式サイト (PS4/Xbox One)

『KINGDOM HEARTS III』公式サイト (PS4/Xbox One)

『NieR:Automata』公式サイト (PS4)

『GRAVITY DAZE 2』公式サイト (PS4)

『逆転裁判6』公式サイト (3DS)
ゲームランキング(全般)
ゲームランキング(PS4)
QRコード
QR