現在の時刻
ピックアップカテゴリ
お休み中のまとめ記事

ゲーム レビュー

フィギュア レビュー

ゲーム概要
月別アーカイブ
ゲームランキング(PSVita)

Coreプロセッサーもいよいよコア数2桁へ、10コア20スレッド「Core i7-6950X Extreme Edition」が発表

Coreプロセッサーもいよいよコア数2桁へ、10コア20スレッド「Core i7-6950X Extreme Edition」が発表
10コア20スレッドとなる「Core i7-6950X Extreme Edition」が発表されてました。
4Gamer.net」さんより動作レビューが公開されています。



2016年5月31日15:00,Intelが,LGA2011-v3パッケージ採用のハイエンドデスクトップPC向けCPU「Broadwell-E」(ブロードウェル-E,開発コードネーム)を,Core i7-6900&6800番台として発表した。

既存の「Intel X99」(以下,X99)プラットフォームで利用できるため,Haswell-E世代のCore i7-5900&5800番台のユーザーからすると,アップグレードパスとして価値を持つのが特徴だ。

また,Haswell-Eでは最上位モデルとなる「Core i7-5960X Extreme Edition」(以下,i7-5960X)が8コア16スレッド対応で1000個ロット時価格999ドルだったのに対し,Broadwell-Eの最上位モデルとなる「Core i7-6950X Extreme Edition」(以下,i7-6950X)は,10コア20スレッド対応で同1599ドルと,いろいろ強烈になっているのも重要なポイントである。


▲Broadwell-Eと従来製品の主なスペック

一方で,Haswell世代の22nmからBroadwell世代で14nmへ製造技術の微細化が進んだとはいえ,4コア8スレッド対応となるIntelのデスクトップPC向け主力CPU「Skylake-K」「Skylake-S」は,Broadwellよりも新しいSkylakeマイクロアーキテクチャを採用しているため,Broadwell-Eは言うなれば「新しいけれども古いCPU」ということになる。
今回4Gamerでは,短い時間ながらi7-6950Xを試すことができたので,可能な限りその実力に迫ってみたい。


■動作クロック定格3GHz、CPUコア数10基、テストには「Broadwell-E最適化済み」のMSI製マザーボードを利用
回,i7-6950Xのテストにあたっては,「Broadwell-Eへの最適化」をいち早く打ち出したMSI製のX99マザーボード「X99A GODLIKE GAMING CARBON」―‐正式リリース前には「X99A GODLIKE GAMING Carbon Edition」と呼ばれていた―‐を用いる。


▲テスト環境

ここで注意してほしいのは,Broadwell-EがクアッドチャネルDDR4-2400コントローラを統合しているということである。「テストに用いているメモリの仕様がi7-6950Xとi7-5960X,i7-6700Kで揃っている」という意味では公正な比較になっていると言えるが,i7-6950Xのフルスペックで動作させることはできていない


グラフ1は3DMarkの総合スコアをまとめたものである。
i7-6950Xのスコアは,対i7-5960Xで100~103%程度,対i7-6700Kで100~105%程度というものになった。3つあるテスト条件の中で最もCPUがスコアを左右しやすい「Fire Strike」におけるスコア差が最大となり,逆にCPUスコアが最も影響しづらくなる「Fire Strike Ultra」ではスコアはほぼ完全に横並びとなった。

総合スコアはどうしてこういう結果になったのか。それを確認すべく,GPUテストとなる「Graphics test」,そしてCPUテストとなる「Physics test」のスコアをまとめたものがグラフ2,3となる。


Graphics testの結果となる「Graphics score」は,i7-6950Xの分が悪い(グラフ2)。なぜこういう状況を向かえているのかは,この時点ではなんとも言えないが,i7-6950XがGPUの足をわずかながら引っ張っているのは確かだ。


一方,マルチスレッド処理に対応した物理シミュレーションのテストであるPhysics testの結果をまとめた「Physics score」だと,i7-6950Xはi7-5960Xに対して30~34%程度,i7-6700Kに対して62~67%程度高いスコアを示した(グラフ3)。i7-6950Xとi7-5960Xのスコア差がCPUコアの数を超えたものになっているのは,非常に興味深い。Intelの言う最適化効果は確かに出ている印象である。

※『Fallout 4』,『FFXIV蒼天のイシュガルド』などのベンチマーク結果(グラフ4~35)は略、記事元でご確認下さい。


最後に,ログの取得が可能なワットチェッカー「Watts up? PRO」で,3Dおよび一般ベンチマークにおけるシステム全体の消費電力を記録した結果もまとめておこう。
テストにあたっては,ゲームプレイを想定し,無操作状態が続いてもディスプレイの電源がオフにならないよう設定したうえで,OSの起動後30分放置した時点を「アイドル時」,各アプリケーションベンチマークを実行したとき,最も高い消費電力値を記録した時点をタイトルごとの実行時とすることにした。
結果はグラフ36のとおり。性能自体はi7-5960Xと比べて確実に向上しているので,それでいて実消費電力が若干下がっている以上,「電力あたりの性能は大幅に改善している」と述べていい。


■Haswell-Eから順当なグレードアップ、ただし価格が高すぎる
Broadwell-Eは,前世代のHaswell-Eに対して,絶対性能と消費電力対性能比を順当に引き上げてきたCPUだとまとめることができるだろう。少なくとも,マルチGPU構成やSSDのポテンシャルをフルに発揮できる可能性が高いことに惹かれ,これからLGA2011-v3プラットフォームを導入するのであれば,Hasewll-EではなくBroadwell-Eを選ぶべきだ。

ただ,i7-6950Xがゲーマーにとって買いかというと,それはまた別の話となる。
コアあたりのポテンシャルや,並列演算性能が高いのは間違いないが,ゲーム性能はi7-6700Kと大差があるわけではない。それでいて,i7-6700Kの税込実勢価格は3万9000~4万4000円程度(※2016年5月31日現在)なのに対し,i7-6950Xは1000個ロット時単価の時点で1599ドルである。普通に考えて,日本円では税込20万円を軽く超えてくるだろう
20万円あれば,「GeForce GTX 1080 Founders Edition」とi7-6700K,それにブランドやスペックを問わなければマザーボードとメインメモリモジュールまで買えてしまうという現実は,あまりにも重い。
http://www.4gamer.net/games/340/G034002/20160527132/

Coreプロセッサシリーズもいよいよコア数が2桁になったということで、数字だけ見れば非常に魅力的だと思います。一方で、クロック数は低く、方向性としては同社のXeonと似ているような・・・。それに高すぎ!
個人的には、コア数はソフトウェアの対応的な問題もあるのでそれ程多くしなくてもいいような気もしますし、果たしてこのCPUの価値がどれほどのものなのか想像がつかないです。
記事元の「4Gamer.net」さんでは、より詳しい情報が書かれているので、是非チェックしてみてはどうでしょうか。\_ヘ(・ω・,,`)♭
記事元:「4Gamer.net」さん
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ページ

Designed by 石津 花

プロフィール

ふらっト

Author:ふらっト
自由気ままに書いてきます。
誤字脱字、一部不適切な内容を含む可能性があります。
どちらかというとSONY派です。
一応大学生。\_ヘ(・ω・,,`)♭

ゲーム公式サイト
『FINAL FANTASY XV』公式サイト (PS4/Xbox One)

『KINGDOM HEARTS III』公式サイト (PS4/Xbox One)

『NieR:Automata』公式サイト (PS4)

『GRAVITY DAZE 2』公式サイト (PS4)

『逆転裁判6』公式サイト (3DS)
ゲームランキング(全般)
ゲームランキング(PS4)
QRコード
QR