現在の時刻
ピックアップカテゴリ
お休み中のまとめ記事

ゲーム レビュー

フィギュア レビュー

ゲーム概要
月別アーカイブ
ゲームランキング(PSVita)

『BIOHAZARAD 5 Alternative Edition』クリア後レビュー

『BIOHAZARAD 5 Alternative Edition』クリア後レビュー
PS3用ゲーム『バイオハザード5 オルタナティブ エディション』クリアしました。
その感想書いときます。


1つ10点満点の5つの分野で、超個人的な視点で点数をつけています。
最終的な評価(F~S)は、基本的に総合スコアに沿って決めていますが、多少の調整(~±3)を含んでいる場合があります。

《記事作成時情報》
ハード:PS3
難易度:NORMAL
プレイ内容:本編シナリオ +「LAST IN NIGHTMARES」+「DESPERATE ESCAPE」
プレイ時間:15時間
プレイ方法:PS3コントローラ(DUALSHOCK 3)
バージョン:1.00

BIOHAZARD 5 Alternative Edition
[PS4/PS3/Xbox One/PC]



恐怖の記憶が、いま、蘇る。
PlayStation 3向けに2010年2月18日発売。『バイオハザード5』に追加エピソード「LOST IN NIGHTMARES」「DESPERATE ESCAPE」、追加コンテンツ「VERSUS」「THE MERCENARIES REUNION」を新たに収録したもの。
洋館事件から11年後。
巨大製薬企業「アンブレラ」が崩壊した影響で、その手中にあった生物兵器はテロリスト達の手に渡り、紛争地域で悪用されていた。人々が恐怖するなか、各国はテロの封じ込めを図るため、製薬企業連盟が創設したバイオテロ対策部隊「BSAA」を国連直轄の新組織として再編する。その創設メンバー、通称「オリジナル・イレブン」と呼ばれるメンバーの1人、クリス・レッドフィールドはアフリカ西部の街キジュジュ自治区を訪れていた。この地で生物兵器の闇取引があるとの情報を入手し、その密売人の身柄を拘束するためである。
そして、もう一つ、長らく相棒として、戦友としてバイオテロと戦ってきたジル・バレンタインを探し出すために。3年前、とある重要な任務の最中、クリスの身にアクシデントが起こり、それをジルが庇う形で殉職していたのである。クリスはある筋から殉職した筈のジルが生きている可能性を聞き、オリジナル・イレブンとしての特権を駆使して半ば強引に加わったのだ。
多くの仲間を失い、ジルを失ってまで闘い続けても終わりの兆しを見せぬバイオテロの脅威に、クリスは「この世界は、命を賭けてまで守る価値があるのだろうか?」と心の中で自問し続けながら、それでも任務を遂行するため、そしてある噂の真偽を確かめるため、現地で合流したパートナー、シェバ・アローマと共に行動を開始する。しかし、クリスとシェバの知らないところで、全世界を揺るがす恐るべき計画が始まろうとしていた。



■キャラクター

シリーズでお馴染みのクリス、ジルに加えてメインキャラクターとして新たにシェバとジョッシュが登場。どのキャラも好印象ですが、レオンなどと違いジョークを言わないキャラだらけなので、個性が弱い気もしました。皆の考え方が被りすぎているのも何だか・・・。
あとシェバ。このキャラだけはどうにも好きになれませんでした(主にAIのせい)。途中からは顔を見るだけで腹が立つほど。
また、敵であるウェスカーは人間を止めた動きを余すことなく披露し、敵なのに死んでほしくないというか、魅了されるキャラでした。
加えて良い感じのモブも出てくるのですが・・・簡単に死ぬ。『バイオハザード』ってモブに厳しい・・・。

■ストーリー

序盤から分かりやすい目標が示されており、一言でまとめれば“単純”なストーリーだったと思いました。なので、「ストーリーが面白いか?」と言われれば正直微妙なところ。どちらかと言えば、アクションシーンに頼った感じで、“アメリカ映画”のような面白さが優先されているような気がしました。ただ、さすがにシリーズを『5』まで続けてきただけあり、世界設定や裏設定は込み入った複雑なものに仕上がっているようです。本編中にも“ファイル”として入手・読むことが出来ます。
『オルタナティブ エディション』として新たに2つのエピソードが追加されていますが、どちらも本編の補足というような位置づけで、ストーリーが本編から容易に全て把握できる内容でした。

■グラフィック&サウンド

ハードがPS2からPS3に変わったこともあり、『4』から比べると確実によりリアルに、より繊細になっていました。全体的に画面が暗くコントラストが高く感じられたので、人によっては『6』よりもグラフィックが綺麗と思う人も居るのではないでしょうか。
一方で、PS4が既に発売されている今となってはグラフィックでの驚きや評価は落ち着いたものになるとは思います。
BGMについては緊張感を感じるものが多く、ゲームの雰囲気を崩さない仕上がりだったと思います。

■システム

「バイオハザード」シリーズは『4』からシステム面が一新されていますが、本作はその『4』からまるごとシステムを引き継いだ形になっています。なので『4』の操作方法が好きな人はなんの違和感もないと思います。ただし、武器・アイテム管理が変更されており、持ち物は種類に関わらず1人が最大9個まで。武器画面を開いている間にも敵が近寄ってくるので『4』に比べれば難易度が上がっていると感じるかもしれません。武器の改造や購入はチャプター終了ごとに行えるほか、タイトルメニュー画面からも行えるようになっています。
自分はバイオハザードを『4』からプレイしているため、操作性に問題はなかったのですが、一番苦しめられたのはAI。本作ではパートナーとなるキャラクターが存在しており、自動で援護してくれるのですが、ウザいと感じる場面が多々ありました。撃ってほしいときに横で突っ立ってたり、そうかと思えば敵に捕まって体力を減らした挙句、勝手に貴重な回復アイテムを使ったり、要らないアイテムを拾って自分に渡してきたりともう散々。おかげでクリスのパートナーであるシェバというキャラクターまで憎らしくなるという結果。『6』では改善されていたのか、パートナーに対してそれ程苛立つことが無かったので、メーカーも頑張って製作しているんだなぁ、としみじみ感じました。ただ単純にアイテムの受け渡しが無くなった結果かもしれませんが。

■やり込み

『5』でも「マーセナリーズ」が導入されているため、やり込み要素は十分。扱えるキャラクターも本編で味方だったキャラから敵だったキャラまで幅広くて良いです。更に、『オルタナティブ エディション』として加わった追加コンテンツもやり込み要素が高いと思いました。
また、オンラインで競い合うシステムが搭載されているようですが・・・発売から5年以上経った今となっては「絶対あり得ないだろ」というスコアで上位が占められていて何だかガックリ(たぶんPC版に対する改造かバグ)。
とはいえ、オフラインでもマーセナリーズは楽しめますし、ファイルやフィギュア収集といった要素もあり、長く遊べるゲームになっていると思います。

■総合

「バイオハザード」といえば「ホラー」ですが、今作では個人的にホラー要素は感じませんでした。もっとも、『6』をやって“慣れた”だけかもしれませんが・・・それにしても怖くない。デカいボスが出てきたときは「おぉ強そう」と思うだけ。やっぱり、クリスがゴリラ化したのが悪いのか・・・。
全体的な出来は良いです。途中謎解き要素っぽいものもあり、敵の群れを上手く倒せたときは、なかなか面白く感じます。
『バイオハザード5』なら評価はちょっと微妙な感じだったのですが、自分が今回レビューしているのはあくまで『オルタナティブ エディション』。本編から3年前の事件を描く「LOST IN NIGHTMARES」というエピソードが追加されているのですが、それが最高の出来でした。ウェスカーを追っているクリスとジルという設定ですが、『1』を思わせる仕掛けだらけの不気味な洋館を舞台に、各所に散りばめられているレポートを読み“地下に何かがいる”という恐怖を感じさせる導入。登場するクリーチャーの種類は非常に少ないのですが、それでも怖い。『バイオハザード5』本編では驚きもしなかったのが、「LOST IN NIGHTMARES」では驚いて叫んだほど。
中々本編をディスった感じの感想が続きましたが、本作は「バイオハザード」シリーズで重要人物であるウェスカーと決着がつく大事な作品。ゲームシステムもAIを除きストレスのない仕上がりで全体的に面白いゲームだと思いました。\_ヘ(・ω・,,`)♭



公式サイト
公式サイト


バイオハザード5 オルタナティブ エディション
バイオハザード5 オルタナティブ エディション PlayStation 3 the Best
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ページ

Designed by 石津 花

プロフィール

ふらっト

Author:ふらっト
自由気ままに書いてきます。
誤字脱字、一部不適切な内容を含む可能性があります。
どちらかというとSONY派です。
一応大学生。\_ヘ(・ω・,,`)♭

ゲーム公式サイト
『FINAL FANTASY XV』公式サイト (PS4/Xbox One)

『KINGDOM HEARTS III』公式サイト (PS4/Xbox One)

『NieR:Automata』公式サイト (PS4)

『GRAVITY DAZE 2』公式サイト (PS4)

『逆転裁判6』公式サイト (3DS)
ゲームランキング(全般)
ゲームランキング(PS4)
QRコード
QR