現在の時刻
ピックアップカテゴリ
お休み中のまとめ記事

ゲーム レビュー

フィギュア レビュー

ゲーム概要
月別アーカイブ
ゲームランキング(PSVita)

【Haswell-E】「4Gamer.net」よりCPU『Core i7-5960X Extreme Edition』の動作レビューが到着!

【Haswell-E】「4Gamer.net」よりCPU『Core i7-5960X Extreme Edition』の動作レビューが到着!
「Haswell-E」シリーズの最上位モデルとなるCPU『Core i7-5960X Extreme Edition』ですが、その動作レビューが「4Gamer.net」さんより公開されてました。



2014年8月30日,IntelからハイエンドデスクトップPC向け新製品であるCore i7-5000番台が発表になった。開発コードネーム「Haswell-E」(ハスウェルEもしくはハズウェルE)と呼ばれていた製品群だ。
今回4Gamerでは,そのなかで最上位に位置づけられる,Intel初のデスクトップPC向け8コアCPU「Core i7-5960X Extreme Edition」(以下,i7-5960X)を入手できたので,その実力をチェックしてみたい。果たして999ドルの8コア16スレッドCPUは,ハイエンド指向のPCゲーマーにとって福音となる存在なのだろうか。


■8C16T対応ながら動作クロックは定格3GHz、テストにはASUSのX99マザーボードを利用
発表時点のラインナップはi7-5960Xと「Core i7-5930K」「Core i7-5820K」(以下順に,i7-5930K,i7-5820K)の3モデル。i7-5960Xは冒頭で紹介したとおり8コア16スレッド対応で,下位2モデルは6コア12スレッド対応となる。いずれも,史上初めてクアッドチャネルDDR4-2133メモリコントローラを統合するのが大きな特徴だ。
CPUのパッケージはLGA2011-v3で,Ivy Bridge-EやSandy Bridge-E世代のLGA2011とは物理的な互換性が失われている。


▲Corei7-5960Xと従来製品の主なスペック

Ivy Bridge-E世代の最上位モデルである「Core i7-4960X Extreme Edition」(以下,i7-4960X),Haswell&Haswell Refresh世代の最上位モデルであり,「Devil’s Canyon」という開発コードネームでよく知られている「Core i7-4790K」(以下,i7-4790K)のスペックを比較したものだ。i7-5960Xは動作クロックが定格3GHz,最大3.5GHzと,最近のデスクトップPC用CPUとしては低めな点に注意が必要だろう。


▲X99-DELUXEの拡張スロットと動作レーン数の関係
※1 M.2(PCIe 3.0 x4)スロットと同じ帯域を共有
※2 追加USB 3.0ポート(USB3_E12)および追加Serial ATA Expressポート(SATAEXPRESS_E1)と同じ帯域を共有
※3 詳細は不明ながら,「デフォルトのトリプル設定は8レーン×3で,UEFI BIOS UtilityからPCIEX16_5の帯域幅を変更すると16レーン×2+8レーン×1動作を利用できる」とされている


拡張スロットはPCIe 3.0 x16 ×5,PCIe 2.0 x4 ×1で,別途,PCIe 3.0 x4接続のM.2ソケットも用意される。これらがどう動くか,PCIe 3.0のレーン数に関するIntel公式の資料はないのだが,X99-DELUXEのマニュアルによれば上の表のとおりだ。
薄い黄色の背景色を置いたところはPCIe 2.0接続で,そうでないところはPCIe 3.0接続となるが,なかなか複雑である。


■i7-4960Xおよびi7-4790Kと比較、ゲームテストと基礎検証を分けて実施

用いたDDR4メモリモジュールはADATA Technology製の4GBモデル4枚セット「AD4U2133W4G15-BHYM」だ。i7-5960X用のメインメモリを総容量16GBとしたことから,比較対象となるプラットフォームでも合計16GBに揃えてある。


▲テスト環境

i7-5960Xに触れられる時間が少ししかなかったため,オーバークロック動作は試せていない。また,同じ理由により,i7-5960Xと同時に入手したIntel製の簡易液冷クーラー「TS13X」(BXTS13X)をi7-4960Xとi7-4790Kに対しては使えなかったので,i7-4960ではIntel純正のCPUクーラー「RTS2011AC」,i7-4790Kでは製品ボックスに付属の空冷クーラーを用いることなった。そのため,ターボ動作への入り方には3製品で違いが生じている可能性が高い(というかi7-5960Xがクロック面で有利になる可能性が高い)ので,この点もあらかじめお断りしておきたい。


■8コアのメリットが出る局面は限定的、動作クロックの低さがネックになるケースが多い

▲「CPU-Z」(Version 1.70.0 x64)による測定


グラフ1は3DMarkの総合スコアをまとめたもので,「Fire Strike」テストにおいてi7-5960Xはi7-4690X比で約2%,i7-4790K比で約3%高いスコアを示した。一方,ほぼGPU性能勝負になるExtremeプリセットだとスコアは横並びだ。


そこでFire Strikeから,CPU性能を見る「Physics Score」のスコアを抜き出してみたものがグラフ2となる。ほぼほぼ純粋なCPUコア性能比較になるPhysics Scoreだと,i7-5960Xはi7-4960Xより約14%,i7-4790Kより約34%高いスコアであり,まずまず景気はよい。
CPUマルチスレッド処理への最適化が進んでいる3DMarkならではの結果といえそうである。


では,必ずしもマルチスレッド処理へ高度に最適化されているわけではないゲームタイトルだとどうなるだろうか。グラフ3は「Battlefield 4」(以下,BF4)のスコアをまとめたものだが,i7-5960Xはi7-4960Xとほぼ同程度のスコアとなり,i7-4790Kの96~97%程度という結果になった。定格クロックで600MHz,最大クロックで500MHzのギャップがあるにもかかわらず,対i7-4960Xで互角の勝負に持ち込んでいるあたり,i7-5960Xには可能性を感じるものの,i7-4790Kに置いていかれているのはどうしても気になるところだ。

※グラフ4~5は略、是非記事元でご確認下さい。


一方,相応の価値を見出せたのがSkyrimである。i7-5960Xのスコアは解像度を変更しても変わらず,相対的なGPUボトルネックの影響が見て取れるものの,i7-4960Xとi7-4790Kだと解像度が高くなるにつれてスコアを落としていくのとは対照的であり,Skyrimにおいてはi7-5960Xが優勢,ということになる。とくに対i7-4790Kで最大13%ものスコア差があるのは目を引くところだろう。
ただし,Skyrimのゲームエンジンは決して新しいものではなく,8コア16スレッドへの対応も,もちろん行われていない。なのでおそらくこの結果は,高解像度テクスチャパッチを導入したことによるメモリ負荷の増大を,クアッドチャネルDDR4メモリアクセスによる大きなメモリバス帯域幅が受け止めた結果ということになるのではないかと思われる。


グラフ7にスコアをまとめた「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編」では,再びCrysis 3と同じように,動作クロック順のスコア並びとなった。解像度が高くなるに連れ,GPU性能がモノをいうようになるため,i7-5960Xとi7-4790Kのスコア差は縮まっていくが,それでも約9%というギャップは小さくない。


非常に興味深い結果となったのがグラフ8の「GRID 2」で,ご覧のとおり,有意なスコア差を付けてi7-5960Xがトップに立った。i7-4960Xに対して4~6%程度,i7-4790Kに対して2~14%程度高いスコアは,なかなか見応えがある。
Skyrimのように,メモリ負荷が極端に高いわけでもないGRID 2でこういった結果になっている理由は簡単で,GRID 2がIntel製CPUに最適化されているからだ。Intel製CPUのマルチスレッド処理へ最適化されたタイトルであれば,i7-5960Xはその真価を発揮できるという,当たり前の結果になっているのだろう。


■ゲーム用途ではi7-4790Kに軍配、Haswell-Eはサーバー用CPUと見るべきか
約1年前に掲載したレビュー記事で,筆者はi7-4960Xをゲーマーが積極的に選ぶ理由はなく,Haswell世代のプロセッサのほうがいいという話をした。それがHasell-Eでどうなったかというと,i7-5960Xはi7-4960Xよりも,さらに「ゲーマー向けCPU」から離れていった感が強い。

ゲーム用途でHaswell-Eの導入を検討しているのであれば,Haswell(=Haswell Refresh)に切り替え,差額でグラフィックスカードのグレードアップなどを行ったほうが,確実に幸せになれるだろう。
http://www.4gamer.net/games/271/G027116/20140826072/

なるほど、8コアという数字が印象的ですが、やはり動作クロックが低いのがゲームでは問題となるようです。サーバーにはXeonがありますし、そこんところ頑張ってほしかったんですが・・・。
記事元の「4Gamer.net」さんでは、より詳しい情報が書かれているので、是非チェックしてみてはどうでしょうか。\_ヘ(・ω・,,`)♭
記事元:「4Gamer.net」さん


発売中!

Intel CPU Core i7 5960X
Intel CPU Core i7 5930K
Intel CPU Core i7 5820K
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
ページ

Designed by 石津 花

プロフィール

ふらっト

Author:ふらっト
自由気ままに書いてきます。
誤字脱字、一部不適切な内容を含む可能性があります。
どちらかというとSONY派です。
一応大学生。\_ヘ(・ω・,,`)♭

ゲーム公式サイト
『FINAL FANTASY XV』公式サイト (PS4/Xbox One)

『KINGDOM HEARTS III』公式サイト (PS4/Xbox One)

『NieR:Automata』公式サイト (PS4)

『GRAVITY DAZE 2』公式サイト (PS4)

『逆転裁判6』公式サイト (3DS)
ゲームランキング(全般)
ゲームランキング(PS4)
QRコード
QR